冬の楽しみを探しに物部にいこう

私の住んでいる高知県の香美市は、町暮らしが多い土佐山田町、里暮らしの多いがある香北町、山暮らしの多い物部町の3つの生活スタイルが楽しめます。なので車で15分くらいで移動すれば、普段と違った楽しみが見つけられます。

そこで今日は、冬の楽しみを探しに物部に行ってきました。

とりあえず雪山を目指します。この日は、山登りが好きな人に四国の好きな山ベスト3を聞くとだいたい名前があがる、美しい山「三嶺」を目指しました。この山は私も大好きな山です。

DSC03092

途中から道が凍っていたので、ここから歩いて山を登ります。冬の物部の山道は凍っていることが多いので、無理をせず上がりましょう。

 

香美市でも雪遊びができる

三嶺に上がる途中の道は、こんな感じで雪が積もっています。このあたりでも雪だるまが作れそうです。

DSC03103

道の途中に和紙の原料になるミツマタがたくさん咲いていました。里山では昔、産業として和紙の原料が植えられていることがよくあるので、名残でたくさん見られます。

DSC03101

道路から外れて歩く時は、棒で安全を確認しながら歩きます。物部地区は冬国のように雪が積もっていないので、所々溶けているので、それなりに注意は必要です。

DSC03096

 

途中、そりで遊んでいる夫婦がいました。まさか物部でもこんな遊びができるとは驚きです。もしやファンスキーみたいに短い板だったら遊べるかもしれませんね。

DSC03109

雪が溶けて氷になっているところがちらほらあって、日にあてるとキラキラ綺麗です。

DSC03114

 

雪が積もっているところは、木の葉や種がおちていて、なんか可愛い。

DSC03113

こちらが、三嶺の一般的な登り口。ヒカリ石登山口です。ここまでの道のりは雪道なので、注意が必要ですが、香美市でも手軽に雪遊びができます。これは、ひとつ冬の楽しみとして、一年に数回は遊んでみようと思いました。車で来る時は、気をつけて遊びに行ってみて下さい。

DSC03105

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です