だれでもできる革製品。base worksの1dayワークショップ。

今日は、高知県香美市物部町にある base works で体験した、1dayワークショップについてです。 base worksは、これから革で物づくりをしたい人にお勧めしたい場所です。
教室には、豊富な道具が揃っていて、講師の先生にいろいろアドバイスを頂けるので革製品を初めて体験する人にも、気楽に楽しめます。私も革製品づくりは、今回が初めてでしたがなんと作り上げることができました。
今回紹介するbase works さんはこちらにあります。

だいぶ山道を車で走るので、初めてくる方は、事前に地図を確認したり、スマホやナビに場所を登録することをおすすめします。

住所:高知県香美市物部町大西82番地

申込先:0887-58-3566(ベースワークス 勝見)

DSC05226

古民家を改装して造られた作業スペースは、とても広々しています。

 

DSC05251

室内には、薪ストーブもありました。私的には、田舎に住んで使ってみたい、憧れの生活道具の1つです。天板でいろいろ温められていいですね。猫も気持ち良さそう。

 

DSC05235

ミシンはレトロな雰囲気と無骨さが、なんともいい雰囲気です。

 

DSC05231

革もたくさん種類が揃っていますが、革を縫い付ける糸も豊富で、どの色にするか迷ってしまいます。

なぜだか、こうずらっと並んでいるとワクワクするのは私だけでしょうか?

 

DSC05236

窓際にずらっと工作機が並んでいました。

 

DSC05239

ツールコーナーには、皮切り用のナイフ、ポンチ、銀ペンといった、見慣れない道具が1つ1つ綺麗に整理されていて、気持ちいいです。こういった道具に対する姿勢も、作り手には必要ですね。

 

DSC05273

この日は3人で作業していました。みんな思い思いに、自分の作りたい革製品を選んで作れます。私は、ペンケースでしたが、別の方は、キーケースや、ベビーシューズ、財布を作っていました。ある程度の製品は型紙を用意してくれているので、比較的すぐに取り組めます。

 

DSC05287

こちらが出来上がった革製品です。私が作ったペンケースはとてもシンプルなので作り始めてからは3時間くらいで出来上がりました。自分でつくった革製品は、みなさんずっと手元でニヤニヤしながら愛でて、だんだん色や革の固さが変わっている過程が本当に楽しいです。

初めて革製品づくりを始める時は、どんな道具を揃える必要があるか分からないものです。そういった方はbase worksで一度体験してみるといいと思います。

ちなみに、今回かかった教室の費用は、授業料が2500円、材料費が1000円、合わせて3500円に消費税がついた金額です。本革のペンケースを買ってもそれくらいはするので、体験ができて物もできるなんて、すごくリーズナブルだと思います。

base works では、初心者だけでなく、靴職人を目指す人など玄人向けの講習も行なっているので、徐々に腕を磨いて行きたい方や、本職にしたい人にもおすすめです。

教室は、空いている日など、ホームページで更新しているので、気になる方は一度チェックして連絡を取ってから、足を運んでみて下さい。

 

私が体験した1dayワークショップのサイトがこちらです。

http://baseworks.org/info/1day-workshop/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です