田舎で住むなら庭付き一戸建てが手間がかかるけど楽しい。

田舎で住むなら一戸建てがいいなぁと昔から思っていました。そんな古民家に住むことになったので、古民家の楽しいことと、大変なことを書き出してみます。

 

1:部屋を色々カスタマイズできる和室は最高。

古民家の基本はだいたい和室です。フローリングよりは和室が圧倒的に多いです。なので、古民家に住みたい人は和室を使いこなす必要があります。僕が思う和室の良さは、拡張性の高さです。これは家の作りによってかなり違うと思いますが、縁側や和室、収納を、建具を使って、自由に組み合わることで、部屋をアレンジできます。僕の家は、4畳の畳の部屋の隣に、3畳の畳の部屋が2つと、4畳の畳の部屋が1つ繋がっています。それに加えて縁側があります。お客さんが多い時は、襖を空けて部屋を大きくします。夏場も広々使います。冬は襖を閉めて、部屋がすぐに暖まるサイズで使います。これが実に便利です。

DSC02869

 

 

2:庭が最高。

僕は今、たまたま空いていた築90年の平屋の古民家に住んでいます。 そこに庭が付いていました。庭は、家と同じ時間を過ごした柿の大木や、柚子、びわ、桃、梅といった果樹があります。この果樹が、次々に実って楽しいです。立派な庭は1世代ではつくれません。なので、家は世代を超えてつくっていく文化財だと思います。 町中だと、庭木の落ち葉の掃除が大変だから、庭木を切るケースを良く聞きますが、それは良い土が無いからだと思います。良い土がある庭は、落ち葉もしばらく経てば分解されて土に帰ります。うちは、生ゴミも庭に埋めています。ゴミが大幅に減るので大助かりです。

DSC03655

 

 

3:手入れが大変。楽しいこともあるけどね。

定期的に、庭木を剪定したり、ある程度草ひきや草刈りが必要です。たくさん、庭木を剪定した時は、ゴミも大量にでます。この辺が今の悩みです。できるだけ小さくして燃やすか、埋めようと思っています。家も、廊下や柱をワックス掛けしたり、樋にたまった落ち葉を掃除したり、何かと仕事があります。

DSC03646

結構手間ですが、物は考えようといいますか、それなら遊びに変えてしまおうと、私の場合は、ナタや、木工用ナイフを揃えて、薪を作ったり、剪定した木の枝で、スプーンやお箸を作ってみようと思っています。こういう遊びが楽しめると、古民家は最高です。もし、田舎に引越す機会があるなら、古民家や空家を探してみることをお勧めします。ちなみ、私の借りている古民家は月4万円。学生アパートとほぼ同額くらいです。都会に比べるとずいぶん安いと思います。高知だと空家は4〜8万円くらいだと思います。ただ、例外に山の奥に行くと年間1万円とか信じられない値段もあったりして、そこまでいくと、日本にいながら、仕事にも追われず、悠々自適なライフスタイルも可能かもしれませんね。

DSC03930

ナタは、小さい枝しか切れないので、これだけ太い枝は、小さく叩きながら最終的には折って小さくして行きます。ナタは折るための切れ目を入れるイメージです。あんまり強く叩くと刃が欠けるので注意が必要です。

DSC03942

 

こんな感じで薪を作っています。小さな屋外ストーブでも買ったら燃やして行こうと思ってます。

 

高知に来たら弘化台の市場に行こう!

高知に住んでいて、何が幸せかってそりゃあ美味い飯が食べられる!っていう人は多いと思います。かく言う私もその一人。

今日は高知の地元でとれた、四季折々の選りすぐりの新鮮な商品を買い求めることができる高知市中央卸売市場 =通称弘化台の紹介です。

この日は大晦日ということもあり、正月の食材を求めてすごい人だかりができていました。

DSC03848

DSC03861

DSC03894

DSC03858

とにかくたくさんの魚を始めとした旬の食材が並んでいて目移りしてしまいます。普段スーパーで買っている商品より若干安いですかね。このあたりは、商品によりけりですが、マグロなど、大きな魚の切り身がでっかく、日常見ないサイズなので、いまいち自分の金銭感覚が役に立ちませんでした。その分新鮮に映るのは面白いところです。

魚の解体は至る所で行われていて、手捌きの良さに思わず見とれてしまいます。これはとても勉強になるので、子供がいる方はぜひお子さんと見に行くといいですね

DSC03888

こんなでっかいマグロの頭が2000円。

DSC03863

使い込まれた包丁が職人の証です。

DSC03857

ネギトロの代用魚「赤マンボー」もありました。

DSC03860

魚だけじゃなくて、野菜も販売されていました。

DSC03868

せっかく、市場にきたら、その場で食べてみたいですよね。

そんな人には、市場の反対側に食堂や、お惣菜を売っているところが用意されています。

ここの通りの料理がめちゃくちゃ美味しいです。

DSC03884

揚げ物はびっくりするくらいプリプリで美味しいです。

素材が新鮮ということが、こんなにも味を変えるのかと思うとすごいですね。

DSC03885

カツオ節も削りたての香りの良さは別格でした。魚の味も濃厚です。

DSC03880

 

DSC03854

今回初めて行ってみた高知市中央卸売市場は、高知に住むなら一度は行ってみてほしいおすすめスポットでした。高知では日曜市が観光客にも人気ですが、もし足を伸ばせるならこちらにもぜひ行ってみてください。

 

所在地〒780-0811 高知市弘化大12-12

開設時間4:00~午前中(※車での入場は8時から)

料金一般:入場無料休日日曜祝日、

原則として第2・第4水曜日駐車場有(8時~)

料金:無料交通手段

公共交通機関:JR土讃線高知駅から車で約15分 はりまや橋デンテツターミナルビル前バス停から種崎行き土佐電鉄バスで10分中央卸売前下車すぐ

車:高知ICから車で約15分問い合わせ先高知市農林水産部市場課

電話:088-883-1171(日曜祝日を除く8:30~17:15) FAX:088-883-1175

メールアドレス:kc-270700@city.kochi.kochi.lg.jp

高知市市場課ホームページ:http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/106/

 

こんな忘年会行ってみたかった!地域で盛り上がる大忘年会

今年で4回目になる町の忘年会イベント「ゆく年くる年大騒ぎ」が土佐山田町のふらっと仲町で開催されました!

このイベントは香美市の住民が集まって食べて歌って踊って騒ぐ大忘年会といった内容で、年末何かと飲み会が多いこの時期でもこれだけは行きたいと思う程、振り切った盛り上がりを見せるイベントになっていました。

 

こちらが会場のふらっと中町です。続々と人が集まっています。

DSC03632

少し遅れていくとすでに宴会が始まっていました。ステージが思ったより立派です。

このイベントはチケット制で、お一人2000円で1ドリンクが付いていました。料理もたくさん並んでいます。

DSC03526

 

席はあらかじめ、関係者ごとにグループ分けされています。

DSC03529

 

ゆく年くる年大騒ぎはライブとゆるいダンスが楽しい。

色々食事を楽しんでいる間に早速、ジャズバンドの演奏が始まりました!カッコいいです。

DSC03543

なんか途中から派手なグループが立ち上がりました!!徐々に踊り始める人が出始めます。前列の方では、カツラやボンボン、変わった帽子やサングラスなど、変装グッズが揃えられていました。これは見ているだけで面白いです。

DSC03557

 

香美市の定番、T-Bands ライブがさらに盛り上がる。

DSC03603

香美市の定番バンドT-BANDSのライブがとにかく盛り上がりました。今回はそのライブの中から、「マイホームタウン土佐山田」の動画を撮影しました。ぜひ聞いてみてください。

 

 

DSC03584

 

火鉢の炭には土佐備長炭が良かった

先週あたりから、使い始めた火鉢で前回は炭が悪く臭いがひどかったので、一般的に使われている備長炭を買ってきました。

高知県で売っている備長炭といえば、海岸側の山間部でよく見かけるウバメガシを原料にして作った炭“土佐備長炭”です。

DSC03776

私が購入したものは2級品で、1つ1つが小さいです。燃やし易い反面、すぐ燃えてしまうので面倒見のいい人向けです。長くじっくり燃やしたい人には太い物がいいと思います。

DSC03777

備長炭は、叩くと金属音がするので、これが木を燃やした後にできると思うと不思議です。機会があれば製造過程を見てみたいですね。

早速、 火おこしとコンロで、炭に火を入れて火鉢に移しました。だいたい4本くらいを隙間を少し開けて立てています。

DSC03778

今日は竹炭があったので回りを囲むように立てています。竹は燃える時に時折、キンキンと綺麗な金属音が立ちます。

こんな風にぱらぱら繊維がほどけるように燃えていくのが特徴です。一方備長炭は、真っ白でパウダー状の灰になっていきます。

両方とも全くといっていいくらい匂いがでません。前回失敗したバーベキュー用の炭とは大違い。

DSC03787

今回購入した備長炭は2kgで2026円(税込)でホームセンターで購入しました。昨晩4時間くらい使ってみた感じだとだいたい15回くらいは使えると思います。だいたい1日135円くらいですかね。

アマゾンで検索してみると12kgが7200〜9000円くらいで売られているようです。

寒い冬ちょっと、手はかかりますが、それが逆に見てて面白いです。この冬を超えるころには、多少炭と火の扱いが上手くなりそうです。

 

お正月が近いから、餅つきを体験してきた

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い。

今年1回目の記事は、正月に向けて体験したお餅つきについてまとめました。

田舎では、自分の家でお雑煮やお餅を食べる用に、親戚やご近所が集まって餅つきする家があります。農家さんに特に多いのだと思います。

餅つきは最初、もち米を大量に洗うところから始まります。普段食べてる白米はうるち米と言いますが、こういう機会がないと、なかななか意識して、うるち米って名前使い慣れないですね。

この米洗いの時に、餅に入れる、よもぎや、芋などの下処理は終わらせます。

DSC03749

今回は家庭用の餅つき機でお餅をつきます。年季の入ったマシーンです。レトロでいいですね。

DSC03733

蒸す工程に必要な水を入れた後に、お米を餅つき機に投入していきます。後はボタンを押すだけ。餅をついたりコネたりするのもこれ一台でOKです。昔は杵でついていたと思うと、この機械は画期的ですね。

DSC03744

下は蒸し終わって、コネ始めた時の写真。まだ粒がしっかり残っています。

DSC03740

10分も経たないうちに出来上がりました。あったりまえですけど、見るからにもちもち。

DSC03771

今回はきな粉もち餅を作ります。大量のきな粉の上に、先ほど出来た、お餅を乗せていきます。おばあちゃんは素手で触っていますがかなり熱々の状態なので、熱さに慣れてないとつらいです。

DSC03773

すぐにきな粉にまぶしていきます。

DSC03774

お餅が固まる前に丸めていきます。この作業は一人では間に合わないので、3〜4人くらいで急いで丸めました。とはいっても前半は、みんな自分で丸めた出来たてのお餅を食べたり楽しい作業です。

DSC03775

この日は、この他に、あんこ餅や、何も入ってないお餅や、丸めないのし餅を作りました。

DSC03728

DSC03727

 

この日は、私は途中参加でしたが、最初から参加している方は13時くらいから20時くらいまでお餅を作っていたので、ほぼ1日作業です。改めて普段何気なくスーパーで買って食べているお餅が、大変な作業で作られていることを体験しました。

この日は餅つき機で作っていましたが、田舎で暮らしていると餅つきに誘われることもあるので、次は昔ながらの杵と臼でつくるもち作りを体験したいです。

初めて火鉢を使った時の失敗談

冬になると、生活に欠かせないのが暖房器具です。

特に私のように古民家に住んでいる方は、火鉢にも興味がある方は多いのではないでしょうか?

そこで、今年私が火鉢を買って初めて使ってみた時の失敗談をまとめておきます。

 

失敗1:意外と揃える道具が多い。

火鉢を使うには、火鉢以外に色々必要です。

まず、火鉢に灰が入っている必要がありました。そしてなかなか売っていません。

手っ取り早く手に入れるには、WEBで「火鉢・灰」で購入するのが早いと思いますが、わりと高いです。しかし自分で作り方を調べてみると、さらに色々買わないと行けない物があるので、私は断念しました。

こちらが必要な物一覧です。

①火鉢
②火鉢の中に入れる灰
③炭
④火起こし(炭に火をつけるために必要)
⑤火箸(熱々の炭を動かすために必要)

⑥台十能(火起こしした炭を火鉢まで運ぶ時に必要)
⑦五徳(お湯を保温したい時など、上にヤカンや網を置くのに必要)
⑧火消し壷
⑨灰ならし

①〜⑤は必ず必要な物ですが、⑥〜⑨は代用できるので、私は買わずに、鍋とかスプーンとかで代用しています。
最近は意外と灰ならしは、炭を埋めて寝かせるのに必要だと思ってきました。

ここに挙げたものは、ホームセンターで見つからなくてもほぼ代用品を探したりできる物ばかりですが、やっぱり本格的なものを使いたい方はWEBで探して購入するのが良さそうです。

 

火起こしはこんな感じで使います。安い炭は爆ぜるので注意が必要です。下はおそらく炭を入れ過ぎですね(笑)。

DSC02860

 

失敗2:炭は何でもいいわけでは無かった。

とりあえず初めてだし、安い炭を買っておこうと思った私は、ここで失敗しました。

購入してきたのはバーベキュー用の炭。インドネシア産のマングローブを使っているそうです。ちょっとそれを見てへぇとか思って何気なく使ってみたら、煙がモクモクと立ち部屋で目を開けるのがつらいレベルに。。。

DSC02859

 

火鉢を部屋で使いたい人は、備長炭など燃料用の炭を買うといいようです。

 

失敗3:お湯は簡単には沸きません。

使ってみて思ったのは、お湯はコンロで沸かしたものを五徳に乗せた方がいいです。火鉢を使ってみて、普段何気なく使っているガスコンロは凄い熱量なんだなと改めて感じさせられました。火鉢も結構熱いと感じますが、保温向きです。お湯が沸くくらい炭を焚こうと思ったら、囲炉裏にすべきだと思いました。

DSC02869

DSC02879

こんな感じでぬるいの、お茶がでませんでした。

 

部屋にこもりがちな冬だからこそ、家の中で遊び心ある暖の取り方はいかがでしょうか?

手間はかかりますが、お餅を焼いたり、焼き芋を作ったり、色々遊びの幅が増えていけば楽しみも広がりそうです。

私はまだまだ初心者ですが、徐々に腕を磨いていこうと思います。

火鉢を使いたい方はくれぐれも火の後始末はしっかりして火事を起こさないように楽しんで使いましょうね。

 

 

佐岡キャンドルナイトは目とお腹が大満足なアットホーム企画

土佐山田町佐岡で、手作り感溢れるキャンドルナイトが開催されました。

場所は現在休校になっている佐岡小学校です。

今回は初めての試みで、佐岡地区地域推進協議会の呼びかけで集まりました。

料理も持ち寄りで集まったのですが、それがすごい沢山あって楽しいし、お腹もいっぱい。

DSC03350

DSC03344

DSC03335

キャンドルナイトの準備は、高知工科大学の航空研究会の学生が積極的に関わってくれていました。全部で660個くらいキャンドルを準備していきます。これは大変だ。準備している横では、まかない用の鳥の燻製がつくられていました。桜チップのいい香りが漂っています。燻製機はお手製だそうです。こんなの私も欲しいです。3台くらい並んでると見るだけで楽しいですよね。

DSC03349

準備中、ちょっと飲み物の準備で私は抜けて、夕暮れ後に戻ると思っていた以上のキャンドルナイトになっていました。すごい!文字が書けてる!

DSC03354

DSC03360

学校の2階からみるとこんな感じになっていました。おおお、壮観。これは早くも2015年が楽しみです。これだけ広い運動場がキャンパスになっていると、いろいろできそうです。

DSC03363

近くでみると、土佐鶴のワンカップのラベルがまだ貼った状態も、ちらほらあって、高知らしいなと思いました。これはもっと増やすために飲まないかんにゃーとか、みんな言いそうで、面白い。

DSC03362

私は、この日は、最近おいしいと思った、甘酒を豆乳で割った「ソイ米麹酒」を持ち込みました。アルコールが入ってないタイプなので、子供でも飲めます。甘酒は当然甘いので、無調整豆乳で割ると飲みやすくて自然な甘さで美味しいですよ。おすすめです。冬は生姜と合わせるとさらにいいです。

DSC03370

ぞくぞく届く差し入れ。これは室戸市のポンカン。摘みたてなので、1ヶ月半くらいそのままにして追熟すると丁度いいそうです。

DSC03365

豚肉と野菜の即席蒸し料理。このあと焼きそばまでありました。外で食べるあったかい料理はいいですね。

DSC03367

山田の焼き鳥と言えば、「焼鳥とり一」さんの焼き鳥!これは旨い。かなり大人買いで60本くらい届きました。すごい大人買い。

DSC03368

デザートに、レアチーズケーキまでありました。これまた美味しい。

DSC03372

キャンドルが綺麗に見えるようにこの日は投光器1台でこじんまりと話しをしながら飲み食いしました。ちょっとづつ持ち寄りや、即席料理も、ちょうどいいやり方で続けていければいいですね。

それにしても高知って、食材が美味いから、みんな料理が上手くなるんじゃないか?っていうくらい、手料理でハズレがなくて幸せです。

こういったアットホームだけど、規模も大きい会は参加するだけ楽しいですよね。

来年も楽しみです。

 

田舎の幻想的な霧が立ち上る朝

今日は12月初旬。だんだん朝は冷え込んできました。
この時期になると、山間は早霧が立ち上ります。

普段見ているき風景と違って、実に幻想的です。
山の端が白み、外気は冷たく凛とした空気が漂います。

今年も、あー冬もいいなと思う季節がやってきました。

DSC02617